スイスの旅人から聞いた流れ星の秘密

先日チェックアウトしたスイス人のGrégory。
陽気で爽やかで屈託のない笑顔がとても印象的でした。

Grégoryが宿泊した日はとても静かな夜だったので、共有スペースでご飯を食べながら様々な話をしました。

現在29歳の彼は世界中を飛び回るエンジニア。どんなエンジニアかというと、天体観測所の建設から運営、管理を一人でこなす凄いエンジニアなんです。

最近はチリの天体観測所建設プロジェクトに携わり、3年間も俗世界から隔絶された辺境に住んでいたそうです。(一般的に天体観測所は街の光が届かない場所にあるそうです。)

そんな彼から聞いたちょっと為になる話。

流れ星ってあるじゃないですか。英語でShooting starといいます。あの流れ星の正体は、実は星ではないらしいんです。

その正体は、塵だそうです。

もしかしたら星じゃないのを知っていた方は多いかもしれませんが、どれほどの大きさの塵か知っている方は少ないんじゃないでしょうか?

なんと砂浜にある一粒ほどの砂と同等の大きさらしいんです。小さいものだと0.1mmほどの大きさだとか。

そんな小さな小さな塵があんなに美しい流れ星を形作っているなんて、何だか信じられません。

ちなみに両手を広げたほどの直径の岩が仮に地球に突入してきた場合、日本がなくなってしまうほどの破壊力を持っているそうです。

もし良かったらGrégoryが撮影したチリのアタカマ砂漠の星空の動画を見てください。息をのむほど美しいです。

Pocket