無料のホテル経営ノウハウがダウンロードできます。

失敗するホテル経営と成功するホテル運営

ホテル経営ノウハウ資料室

Story 2人の物語

5年前、2人のある男がホテルの経営を始めました。
彼らはよく似ていました。

2人とも、同年代よりも能力が高く行動力もあり、優秀でした。

彼らは、ホテル経営で結果を出し、いずれ他店舗経営やコンサルティング事業をしたいと考えていました。
自分の能力や知識を活かして、人の役に立ちながら、収入も増やしたいそんな思いがあったからです。

そして、、、
他人に決められた時間や場所で仕事をするのではなく、自分で働く場所や時間を決められるようになりたいという目標をもっていました。

それから5年後、彼らは偶然、カフェで再開しました。

相変わらず2人は似ていました。
驚いたことに二人とも同じタイミングで結婚し子供がいました。さらに、二人ともホテル経営をしっかりと続けていました。それは5年前と変わらない夢、自分たちの能力を活かしてホテル経営をするという夢を叶えていたのです。

しかし彼らには、大きな違いもありました。

1人は思うようにホテル経営ができず、苦しんでいました。
一生懸命に接客をするも、なかなかお客様に喜ばれません。
集客も思うようにいかず、他のホテルより料金を安くして、やっとお客様が来ます。

そのため収入も低く、不安定な状態でした。

売上が少ないので、社員を雇うこともできず朝早くから夜遅くまで、自分がホテルに立ち続けなければなりません。生活をするため、家族を養うために必死で働いているにも関わらず家族からも白い目で見られる始末…

明るい未来が見えません。

しかし、もう1人は違いました。

彼のホテルには、毎日のように新しいお客様がやってきます。
泊まっていただいたお客様は、みんな喜んでチェックアウトしていき、多くのお客様がリピーターになっていきます。

時々、
「ホテル経営のコンサルを受けたいです」
「相談に乗ってもえませんか?」

というように、他のホテルからお願いされるようになりました。

ホテルの経営はしっかりと利益が出ているので、社員やアルバイトに現場は任せて彼は、ホテルの経営に力を入れつつ、ホテルのコンサルティング事業も始めました。

仕事でも結果を出しながら、趣味や家族との時間も充実しています。
ホテル経営も現場に縛られず、自分で働く場所や時間を決められるようにもなっていました。

一体何が、この違いを生んだのでしょうか?

それは、
能力の違いではありません。
経験の違いでもありません。
片方だけが運が良かった訳でもありません。

この違いを生んだのはなんでしょうか?

この資料をみればその答えがわかるでしょう。

Library ノウハウ資料室

売れるアパートメントホテルの作り方

弊社で運営していたゲストハウスを、ワーケーション向けの中長期滞在向けアパートメントホテルにコンバージョンしました。

以下は、本PDFレポートの内容の一部です。

  • アパートメントホテルとは?
  • なぜ、今アパートメントホテルなのか?
  • 家具や備品は何を揃えればいいのか?
  • メリット、デメリットは?
  • 収支はどうなるのか?

実際に効果のあったホテルレビューの3つの使い方

「レビュー is KING」と勝手に呼んでいますが、
ホテルビジネスにおいて、ゲストのレビューはめちゃくちゃ大切です。

レビューというのは、「お客様の声」とも言われていますが、
ゲストがホテルに宿泊後にその感想を書くことを指します。

それは単にBooking.comやじゃらんなどの宿泊予約サイト経由だけに限りません。
メールで寄せられるレビューもあれば、手書きで直接書いてもらうレビューもあります。

なぜそんなにレビューが大切かというと、
ゲストは当事者側のホテルの言い分より、
ゲストの生の声を信じるからです。

レビューは第三者のリアルな評価。

実際に泊まったことがある人が、嘘偽りなく、損得なく、
正直に宿を評価した結果です。

一方で当事者側のホテルが、
「ここのホテルの客室は素晴らしい」とか
「食事はどこにも負けない」とか、
「いつでも笑顔で接客」

なんて言っても、信憑性がないわけですね。

このレポートでは、そのレビューの扱いについて
効果的なポイントを3つあげます。